漢方の考え方

私達、人間の身体は、口にする食材によって出来ていると考える事が、漢方のスタート地点となります。皆さんが、日々、日常的に口にしている食事が、どれほど大切なものであるかを認識し、意識的に摂取する事が、何よりも大切な事なのです。皆さんが、本来もっている自然治癒力や、新陣代謝は、日々の生活のバランスや意識的な食生活の中から生まれてくるものなのです。皆さんの体質が、遺伝的な要素を持っていたとしても、日々の食生活のケアによっては、体質改善などが計られ、遺伝的な大病を予防する事もできるのです。未病を治す事ができるのは、皆さんの日々の生活です。身体的に障害や問題があるからといって、日常的な生活を投げやりに過ごすのではなく、そもそもの身体的な問題点を、きちんと理解し、感情や気の流れを整える事で、皆さんの生命力は変わってくるのです。

■「内因」・・・心の問題

■「外因」・・・気候や環境的な問題

■「不内外因」・・・食や日常生活のバランス  

漢方では、上記のような3要素に、問題点を分類する事で、病気のそのものの根元を探っていきます。