ブドウ糖と血糖と脳の関係について

糖質の最小単位のものを「単糖」と呼ぶそうです。そのひとつがグルコース、ブドウ糖だそうです。血糖として血液中に約0.1%濃度で含まれるそうです。そしてこれが細胞に取り込まれてエネルギー源になるそうです。特に脳には絶えずエネルギーが送り込まれているそうです。だからさまざまなホルモンの働きによって血糖値が一定になるよう調整されているそうです。脳というのはブドウ糖しかエネルギーとして使えないそうです。そして1日に約120グラムものブドウ糖を消費するそうです。この必要な量の糖質が取れていないと集中力が低下するそうです。ひどいときには意識を失ってしまうこともあるそうです。糖質を極端に減らすダイエットなどを行うと、糖質不足・低血糖状態が続いてしまって脳が飢餓状態と認知してしまうそうです。飢餓状態になってしまうと、かえって痩せにくい身体になってしまうことがあるそうです。糖質をエネルギーに効率よく利用するには、ビタミンB1が欠かせないそうです。豚肉やうなぎ、たらこ、玄米、ごまなどがビタミンB1を多く含む食品を一緒にとることが大切だそうです。単糖が多数結合したものを多糖類というそうです。消化性多糖類と難消化性多糖類に分けられるそうです。そして糖質と食物繊維を合わせて炭水化物というそうです。でんぷんは糖質だそうです。穀類、イモ類、豆類などの植物性食品に多く含まれているそうです。食物繊維というのは大腸まで消化されずに運ばれるそうです。見ずに溶けない不溶性食物繊維と水に溶ける水溶性食物繊維に分けられるそうです。水溶性食物繊維は腸内環境を整えるそうです。不溶性食物繊維は便秘の予防や改善に働くそうです。病気の予防にも効果的だそうです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です